カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界時計

重要指標

サイバーエージェントFXFX ブログパーツ

政策金利

FXの比較なら選べるFX

ブログランキング

ブログランキング

MUTA IN FX

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カウンター

FXで生きる! 
自動売買、裁量などなどもてる全てを尽くし相場と勝負しています!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりました。
あり?まともなコメントがきてたんですね。
すいません遅くなりました。

MT4のプログラム歴はまだ3ヶ月(プログラム自体)くらいで、ちょっと説明できるかわかりませんが、
心当たる点をかいておきます。

文字化けはMetaEditorの上のタブの
Tool→Option→Fontで
左の欄のFontの欄をMSゴシックにして、
右のScriptを日本語にすると直ると思います。

起動しないのは、
期間はドル円、ユーロポンドはM15ユーロドルはM5です。
モデルはすべてEveryTickで。
日付はお好みで。

どうでしょうか?

自動で動かすにはまだまだ改善が必要で、
BB(ボリンジャーバンド)、MA乖離率の検証用に作った過程で
利益の出たEAですので、ドンドン改良してみてください。

リスク管理、ストップ、ロット設定がかなり適当なので、使用はかなり危険だと思います。

ユーロドルはメインエンジンがMA乖離と書いていますが全く機能しておらず、
RSIでの売買になっていました。
最適化の結果利益がでた感じなので、MA乖離が機能しない設定になってしまったと考えられます。
ですので、カーブフィッティングの可能性も高いかと。


--------------------------------------------------------------------


さて、今週はハラハラドキドキ週間です。
昨日今日とかなりの含み損を抱える展開が続きちょっと参ってますが、
なんとか精神面が保ててますのでプラスに出来ています。

いまだ大きな損失がなく、必ず来るであろう損失がリアルトレードにおいて
どのくらいメンタルにダメージをあたえるのか、
又どのくらいの期間でその損失をカバーしていけるのかが心配の種です。


もう少しリスクを抑えたいですが、とりあえず100万まで突っ走りたいと思います!!!



スポンサーサイト
MT4で過去のデータを取得し、エクセルに落とす方法
今日はトレードしていません。
この後チャンスあれば入ります!

エクセル操作に夢中で。

先日為替鬼さんにエクセルの質問をしたところ、いろいろな情報を得ることができました。
VTでのデータの落とし方も教わりました^^
ん?なんか思い出す・・・はっMT4でもみたことある!!!
気づきました、MT4でもできるんですよね!

何度も質問してほんと申し訳なかったです。

MT4で過去の4本値データの落とし方を説明しますね!

ツール→オプション→チャート→で
ヒストリー内のバーとチャート表示バーの最大数を99999999に設定(手入力)

一度MT4を切って再起動(これよく忘れるので気をつけてください)

ツール→History Center→データの欲しい通貨(ドル円、ユロ円等)→欲しい時間足(1分、5分、15分1日等々)

すると、データが取れます。しかし、これだけでは15分足では約4ヶ月分しかでません。

そこで、通貨ペアの下にDownloadというタブがあります。
そこをクリックするとDownload Warningというのがでます。
そこでOKをクリックするとかなりの量のデータを取得できます!
データが多いので多少時間がかかります!

右に、データが出ましたら、下のエクスポートというタブをクリックし保存でOKです。
あとはエクセルを開いいて先ほど保存したファイルを開くか、先ほど保存したファイルを
クリックしても開くと思います!

2日かけてやっとできました。
参考にしてみてください!!!

為替鬼さんが参考にしているエクセル関数等はこちらで確認してみてください!



過去のデータの出し方
為替龍さんのページを引用させてもらいました。
これはかなり使うので自分でも検索しやすいようタイトルに過去のデータと入れておきました。


【ブローカーの歴史データをダウンロードする手順】
①まずツールのオプションの「チャート」の「ヒストリー内のバーの最大数」と「チャート表示バーの最大数」を「99999999」に設定します。
②欲しいデータの通貨ペアのチャートを開く、例えばEUR/USD 日足図
③ツールバーにある「AutoScroll」ボタンをOFFにします。
④マウスを右クリック、「更新」を押します。
⑤キーボートにある「PgUp」ボタンを押し続けます。



検証するには間違いなく必要ですね^^

さて、GOLDEN V3はなかなかよさそうですねぇ。

ただ、24時間みてられないし、メールなど機能をつけることはできるけど、

問題は利確を自分でやらなきゃならないのでやっぱみてないとダメですかね。

サラリーマンTIMEだけの収支とかUPできたらしてみたいと思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。