カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

世界時計

重要指標

サイバーエージェントFXFX ブログパーツ

政策金利

FXの比較なら選べるFX

ブログランキング

ブログランキング

MUTA IN FX

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カウンター

FXで生きる! 
自動売買、裁量などなどもてる全てを尽くし相場と勝負しています!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURUSD新逆張り手法
だいぶ完成してきたので、手法のバックテストと
エントリー方法、エグジット方法を書いていきたいと思います。

もちろん、今後の利益を保証するものではないので、自己判断にて御使用下さい。

まずは2000~のバックテストから。
ロットは0.1固定。
チャートはEURUSD 5M。

EURUSDスキャル検証

MA乖離を基準にフィルターに長めのMA乖離とRSIと時間指定を使っています。

まずはインジケーターの紹介から。

メインエンジン
乖離率
 期間           MA35
 移動平均の種類    Exponential(指数平滑移動平均線)
 適用価格        Close
 偏差           0.1%

フィルター1
乖離率
 期間          MA500
 移動平均の種類    Simple(単純移動平均線)
 適用価格        Close
 偏差           0.2%

フィルター2
RSI
 期間           14日
 基準数値        30、70

フィルター3
時間
 Start           1時(日本時間)
 Stop           15時(日本時間)
  
フィルター4
高値安値
 期間           20日



売りエントリー説明

メインエンジンのMA乖離率UPより上に抜ける。
フィルター1のUPラインより下に値があることを確認。
フィルター2のRSIが70以上。
フィルター3の時間の範囲内。

上記すべてを満たしたらエントリー。

又ナンピンを2回合計3ポジションまで使用します。
上記同条件プラス10pips以上値がはなれたら行います。


売りポジションのエグジット説明
 ストップ   100pips
 リミット  20pips
その他のエグジット方法
 メインエンジンのMA乖離率Downより下に抜ける。
 フィルター4の安値をしたらエグジット。


買いは反対です。


2007年がマイナスなので、そこらへんをもう少し調整する必要がありそうです。

EAをブリーフケースに入れておきます。
MT4をお使いの方はパラメーターを弄って試してみてください。


月に1度くらい新しい手法か既存手法の大幅な変更を発表できるようがんばります!!!



スポンサーサイト
Muta手法(仮)
だいたいこんな感じの手法でやってるというのを書いてみました。

MUTAデイトレ手法

15分足でトレンド判定
 RCI>50 上昇トレンド
 RCI<50 下降トレンド


LongEntry
 直近安値付近で平均足陽転(サポート意識して反転と判断)意識してエントリー
 (感じとしては安値意識して少しとどまる、そして陽転でエントリー) 

LongStop
 直近安値-3pips~5pips
 
LongExit
 上昇トレンド時
  直近高値-3pipsで半分利確
  半分は直近高値ブレイク期待し保有(上昇トレンドのためブレイクし大きく取れる可能性がある。)
 
  ブレイクしたらさきほど利確した半分の追加エントリー。
  保有分と、追加分でプラマイ0でストップを入れておく。
  
  うまく利がのっていけば、半分を5分足の転換、残りを15分足の転換で利確。
 
下降トレンド時
  (1)平均足陰転
  (2)直近高値-5pipsで全て利確  
  

ShortEntry
 直近高値付近で平均足陰転(レジスタンス意識して反転と判断)
 
ShortStop
 直近高値+5~7pips(スプレッド2pips考慮)

ShortExit
 上昇トレンド時
  (1)平均足陽転
  (2)直近安値+5pipsで全て利確
 
 下降トレンド時
  直近安値+5pipsで半分利確
  半分は直近安値ブレイク期待し保有(下降トレンドのためブレイクし大きく取れる可能性がある)
   
  ブレイクしたらさきほど利確した半分の追加エントリー
  保有分と追加分でプラマイ0でストップを入れる
  
  うまく利がのっていけば、半分を5分足の転換、残りを15分足の転換で利確。 
  
 
直近高値、安値は1分足の100本分くらい(アバウト)の高値安値をみて、意識されそうなものを選ぶ。
15M、1H、4H、日足でもレジやサポがあればそれも参考にする!
むしろ、長い足のほうが機能する可能性は高い。


下降トレンド字Wボトム等のときは下降トレンドでも高値ブレイクする可能性あるので
その時々で例外もある。



まだまだかなり直す点はあると思いますが・・・。
特に、上昇トレンド時の買い、下降トレンド時売りのエグジット。
半分利確、抜けたら利確した分また入れ直すというのは意味がないか???

そのまま抜けを狙ってぬけなければ平均足反転でドテンということだが・・・。

平均足のエグジットは成行になってしまって一歩遅れるとあ~・・・って
結構めんどくさくなって、利確できずにずるずるとうことも・・・。てか多い。

精神的になるべく指値、逆指値を使いたいところなので上記の通りやります。
反転してしまって平均足で成行のExitが遅れても、半分利確してれば精神的に楽に
成行でのExitタイミングを見計れるので。


当分超短期スキャルはお休み。
入れると逆いってロスカットというのが頻繁して、
シストレをシストレとしてできない状態になってしまうので。




さて、Automated Trading Championship 2008盛り上がってるみたいですねぇ。

実は少し参考にしてエントリーしてるものあります。

エントリー回数が多いもの。
10月は下降トレンドだが買いでもエントリーしてるのに良い成績のもの。
エントリー後、ストップがしっかり入っているもの。

以上3点が揃っているEAをMT4で見てエントリーしてます。

どういったタイミングでエントリーするシステムを作ってるか参考になるかもしれないので^^

最終的に目指すは金のなるEAですからね!!!

がんばりましょう!!!

ちなみに日記書きながらやったトレードです。
10月7日

上記はリアル口座です。(金額小さいのでわかるか・・・)

その前にデモでトレードしてます。
10月7日demo

デモで調子よかったので、リアルでやってみました。


うお、もう4時じゃ。寝ましょう。

新手法考案中
自分は限られた時間で無駄のない投資をしたいと思ってます。

そこで、レンジでも、トレンドでもとれるような手法はないかなぁ~と考えています。

まだまだ考え程度ですが、

インジケーター
BB20シグマ2
ATRorADX
MA


USD/JPY  15分足
現在の値がMAミドルあたりにあると仮定して

1、BBUに接触で売りエントリー
2、BBミドルで利確、(MA20でも一緒です)
3、BBLに接触で買いエントリー
3、BBミドルで利確

ATR×2or3かADXの数値をロスカット値に使う予定。

まあ、逆張りの基本的ですね。

そして、この手法はロスカット値が肝心!!!
ADXかATRを使ってトレンドが発生したところでロスカット&ドテン!
これを数値化するのが大変そう。

こんな感じで考えています。


要するに、
ボリン内の上下でレンジをカバー
ロスカット=ADXに傾きが生じる=トレンドと考えどてん。
トレンドが終われば(ADXの傾きがなくなる等)またボリンでレンジを取る。

超~理想じゃないですか???

みんな考えたけど結局できないやつだよ~とか言われそう。


でも、約2年間BBだけで取引をバックテストしてみましたが、
BBミドルで必ずOUT(利益でも損きりでもミドルラインに達するまで保有)
するようにしても、約6300pipsの利益でした。
エントリーが約2000回
ですので、スプレッド1pipsと考えると約4300pips
ひとつきで 180pipsでした。
(エクセル苦戦しながらやりましたので、間違ってるかも、
あまり参考になさらないように)


そんなこんなでまだまだ完成にはかなりかかりそうですが、
がんばって作ってみます。



ここからはかなり大事なメンタル面の話


最近、ナイス社長、為替鬼さん等々私が参考にさせていただいてるブログ
の方達はなぜ勝ってるのだろうか?とよく考えます。

同じように手法を公開し、同じ結果が得られるはずなのに・・・。



最近ですが、エクセルのおかげで検証がいっぱいできそうです。

そう、これです!!!

自分で検証する!!!!!!!
すると、ルールを無視することもなくなるし、ロスカットも冷静にできる!

人がやったものをみて自分でその手法やってもやっぱり自身がもてず、
どこかで裁量が入ったり、ちょっと含み損がでるだけで疑心暗鬼になります。

でも、自分でやったものはどうでしょう。
絶対的なバックテストの結果
デモの結果
そして、その経験。
これはまさに勝つために必要不可欠なもののように感じます。

もちろん、そこで、間違う、ダメパターンもあるでしょう。
しかし、なぜダメだったのかという貴重な経験をつめます。
そして、自分でやったものならそこから変化させていけます。


私は、検証努力にのみ、投資という世界でのメンタル面の向上を得られるものだと思いました。
楽して稼げる世界ではないのです!


このことを忘れないようこれからも、検証には手を抜かず努力を傾けたいと思います!

これを気づかせてくれたナイス社長為替鬼様に感謝感謝です。
ほんとにこの方達の努力はすさまじいと思います!尊敬します。


エクセルで、関数等うち終わってコピーして、合計出したときに、利益でてると、
実際トレードして1円抜くより嬉しかったです!

私も、検証マニアになりそう^^







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。